髭剃りで血が出なくなる方法~絶対お勧めのカミソリはこれだ


 スポンサーリンク



肌が弱いせいか、よく髭剃りをしたあとに血がでます。
でも、今は血がでることはありません。
屈折約40年、ようやく辿りついた解決策をご紹介したいと存じます。

あなたは、カミソリ派ですか?、それとも電気シェーバー派ですか?

私は電気シェーバーを使用していた時期が、もちろんあるのですが、シェーバーだとイマイチ「深剃り」ができないんですよね。
どうしても、もう少し剃れていてもいいのにな?と言う感じに仕上がってしまいます。
以前、某CMで、街を歩いている方に、電気シェーバーを試してもらって「剃れてますね」と言うのがありましたが、外出する前に自宅でヒゲを剃ってから、数時間以上経過していれば、あれくらい剃れても不思議ではないですよね?
髭を剃ったすぐあとに、あの電気シェーバーで剃ってみたら、更に剃れたと言う事であれば理解できますが・・。
それになんだかんだ言って、性能が良いものはちょっと高いですし、刃も定期的に交換が必要なので、費用もかさみます。

その為、主に「T字」のカミソリを使用しています。
3枚派のかみそりが登場して、オーと言っていたのもつかの間、4枚刃、そして5枚刃のタイプ、更には電動になっている剃刀も現在はあります。
ほぼ、その流れに準じていたのですが、やはり5枚刃は満足度も高いと思います。

切れ味も良いですし、スムーサーもついていたりして、カミソリ負けが少なくなって血が出る事も少なくなりました。

しかし、その切れ味も、本当に最初の数回だけ良いな?と言う感じで、しばらく使っているとだんだん悪くなってきているのは、恐らく私以外にも同様に感じている方が多いと存じます。
おまけに5枚刃ともなると、替え刃(替刃)がまた、結構、良いお値段ですよね?

例えば、ホテルや旅館に宿泊した際にアメニティーとしてついている、2枚刃などでは、カミソリ負けして血が出たりすることがありますし、Schick、Gilletteなどの外国メーカー品の方が良いです。
そんなこともあり、ヒゲソリでは、シックやジレットに代わるものはないと考えていました。

でも「刃物」と言えば「日本製」は「優れている」と言う印象があります。
そのため、日本のメーカーである「貝○」さんを試したこともあったのですが、正直、ガッカリしたのを覚えています。
悪くはないのですが、イマイチなんですよね。
シックの5枚刃の方が断然切れ味が良いのです。

しかし、日本には他にもメーカーがあるのです。
それは「フェザー」さんです。
昔は結構見かけたと思いますが、営業力が弱いのか?、最近は量販店などに行っても、あまり見かけないと思います。
そのため、通販で取り寄せて試してみました。


 スポンサーリンク

下記が、フェザーさんの剃刀を使用した私の感想です。

3枚刃なのに5枚刃と同様の深剃り

フェザーさんは3枚刃ですが「深剃り」に関して、他社さんの5枚刃と同様と言えます。
5枚刃と比べますと、何往復かさせる必要(何度か剃る必要)はあるように感じますが、最終的には5枚刃で剃った時と、同様に深剃りになるので満足できます。
しかも、5枚刃だと刃が多い分「肌に悪い」、肌を痛めやすいのですが、3枚刃ですので肌にもその分優しい、今まで、良く血が出ていた方は、血も出にくくなると言う事です。
これは「刃の面積」が広いほど、肌に優しいらしいので、髭剃りでの肌荒れや、私のように元々肌が弱い方には、フェザーの3枚刃は特に良いのではと存じます。

歯の切れ味が長持ちする

フェザーさんの刃は、一番多くて3枚刃で、流行っている4枚や5枚はありません。
最初は5枚刃も作れば良いのに?なんて思っていたのですが、1週間、2週間と使ってみて、3枚刃だけの理由がわかりました。
他社の5枚刃は切れ味良いですよね?
でも、切れ味が良いのは新品の2~3日程度で、1週間もたつと刃の摩耗が進んで切れ味が落ちているのが実感できるのは私だけではないと思います。
しかし、フェザーさん3枚刃はしばらく使っていても、卸たての最初とそん色ない切れ味が保たれているので、ある意味「技術」を感じます。
3枚刃で、深剃り、長持ちする切れ味が実現できてしまっているので、4枚、5枚なんて不要なんですね。
やはり「日本製」ですので、耐久力や品質も安定していて最高です。

上下首振り機構が良い

いまではどんなカミソリにもある上下首振りですが、フェザーさんのは、どんな角度になっても、刃が肌に密着すると言う感覚です。
これはヘッドだけでなく、刃や替え刃も動くと言う仕組みになっており、2点で特許も取得しています。
すなわち、肌への負担が本当に少なくて済み、優しくて安全で確かな深剃りができる訳です。
このように刃だけでなく、ホルダーも良く考えられぬいた仕組みになっていると感心します。
ただし、その首振りを誤った使い方をすると、剃れないと結果になりやすいと感じました。
と言うのは、他社のカミソリだと寝かした感じ(角度が浅い)でいつも使っていたのですが、フェザーの場合は、角度を付ける感じだと深剃りになるのです。
このコツを掴むのには、他社で慣れていると、最初だけ戸惑うかも知れませんが、恐怖心と戦って思い切って角度を付けて剃ってみても、首振りがきちんとサポートするので、安全に剃れます。

ネックなのは販売

ここまで非常に良い製品なのですが、私も人生40年、これまでフェザーに出会えなかったのは、販売されているのを目にすることが少なかったからと言えます。
その辺りのホームセンターや、ドラックストアなどでは「フェザー製品」が、ほとんど販売されていないのです。
フェザー安全剃刀さんは元々理容業界向けでのシェアはトップですので、営業も理容店やその問屋さんに大きく掛けているため、市販品はあまり見かけないのだと思います。
でも、現在では通販がありますので、手軽に入手できます。
私が購入しているのは、下記からですが、なんと、ホルダーと替え刃2個付きで670円(執筆現在の価格)ですよ。
他社の5枚刃なんかよりも、安くてコストパフォーマンスも良好です。


フェザー エフシステム サムライエッジ ホルダー 替刃2個付 (日本製)

安いのは、それなりの性能なのではと言う先入観があると存じますが、フェザーさんに関しては、決してそんなことはありません。
安くて高性能です。そして、そんなに高いものではないですので、どうぞ「騙された」と思って試してみて下さい。
街のお店ではないない売っていないので、上記のAmazonなどの通販からどうぞ。

ちなみに、カミソリ負け(剃刀負け)しやすい方は、下記のフェザーさんのジャルも非常に良いです。


ハイシェーブ モイストジェル

上記2つの製品が良いかどうかは、私の感想だけでなく、上記にて購入された方の「コメント」(カスタマーレビュー)の高評価点からも明らかですので、購入前に上記のサイトより読んでみてください。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る