難聴 耳が聞こえにくくなった?けど治ったときの話

耳垢栓塞

 スポンサーリンク



今回は、突然、片方の耳が聞こえなくなった際の話と、解決できた方法です。

夜にお風呂に入って、髪の毛を洗ったら、左耳に水が入ったようで難聴となり、少し聞こえにくくなりました。
まぁ、耳に水が入ってしまうのは、プールでも海水浴でも、シャワーの際でも、皆様経験があるように、よくあることです。
そして、普通は、ほっておけば、そのうち水は耳から抜けます。
今回も、遅くとも一晩寝ているうちに、聞こえるように、戻るはずですが、翌朝、起きてみると・・。

あれ、左耳が聞こえにくいな?
そのまま、車の運転もしたり、スーパーに買い物にもいきましたが、耳の聞こえが悪く、違和感ビシバシです。


 スポンサーリンク

改めて自分で耳掃除してみても、効果なしで改善されません。

そのため、耳鼻科に行くことにしました。

耳鼻科

たまたま、ゴールデンウィーク最後の日の夜に、耳に水が入って、その翌朝と言う、ゴールデンウィーク明けです。
初診なんですが?と申し出ますと「どうなさいましたか?」と聞かれて、左耳が聞こえないと申告します。
聞こえないと申しましても、深刻には受け止めて頂けないようで、詰まりかな?と言う事です。
自分でも単に詰まっているだけ(耳垢栓塞)だと思いますので、それはOKでしたが、GW明けで耳鼻科もエラく混雑しており、待合室でずっと待つことになりました。

何もすることなく、待っていて50分くらいたったとき、さり気なく、耳をさわってみました。
すると・・。

あれ、聞こえるようになっちゃったよ~。
耳の遠い高齢者のような状態だったのに・・。

耳の下から、ちょっと押すように耳を触ったら、塞がっていたものが、取れた?(隙間ができた?)ようで、触った指に少し耳垢がついてました。
自宅ではいくらやっても、ダメだったのに。

そして、私は、どうしようかと、新たな悩みにつつまれたのです。

新たな悩み

12時間ぶりに、耳が聞こえるように、元に戻ったのは良いのですが、診察のお願いをして、呼ばれるのを待っている状態です。

耳鼻科の受付に申し出て、治ったから帰ると言うか?
そんなことを申し出れば、かなりの確率で「超笑い話」になりそうです。

混雑しているのを理由に、これ以上、待てないので帰りますと、言う方法も考えました。

悩んだ挙句、そのまま、診察を受ける判断をしたのですが、プロのお医者さんに、すでに聞こえていると、見抜かれるのではないかと、ヒヤヒヤもんでした。

しかし、名前を呼ばれて、診察室に入る訳ですが、耳が聞こえにくい時は、他の患者さんが呼ばれている声も聞こえにくかったので、本当に、耳に疾患があったり、ご高齢で耳が遠い場合には、厳しいなと感じた次第です。

ともあれ、なんかの拍子で、耳が再び塞がれてしまう可能性もありますし、定期検診のつもりで、診察を受けました。

診察と言っても、どうしたんですか?と、聞かれることもなく、椅子に座らされて、耳の掃除と言うか、耳の中のクリーニングが始まりました。

受付では左耳だけが聞こえにくいと申し上げていたのですが、左耳だけでなく、右耳も掃除してくれまして、それで、聞こえるようになりましたか?とも聞かれず、機械的に終了です。

なんか、拍子抜けしましたが、耳の中を掃除して頂いて、よかったとは考えています。

私の耳垢は、ウェットタイプ(湿潤・軟耳垢)でして、黄砂が降ったあとでしたので、その影響もあり耳垢栓塞で難聴になったような気がします。
こんな結果でしたが、耳鼻科では2時間待って、2分間、耳掃除して頂いて無事に生還を果たしました。

保険適用 自己負担1300円(3割)

2~3年に1度など、定期的に掃除してもらうと良いのかも知れません。

ワキガに注意

耳垢が湿っている私のような日本人は、残念ながら「ワキガ」も強烈だと言われています。
お恥ずかしい話、実際問題、私も、そうだと思います。

みみあかが湿っているのは、遺伝的なものだと言われていますし、手術してワキガの匂いも、なおせるものでもありませんが、下記のサプリメントで、体臭はかなり軽減できています。


爽快クリア

上記のサプリですと、私の場合、3日目から、体臭がほとんどなくなります、気にならなくなります。
どうも、すべての匂いが軽減されるようでして、口臭などにも効果があるようです。

最近、欧米では、耳掃除なんかしない方がいいんだと言う医師の見解も増えているそうです。
なお、耳の状態に関しては、シャワーやお風呂から上がった際に、耳の中をドライヤーで少しでも乾燥させると、良いとも知りましたので、今度、試してみたいと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る