子供と旅行だよ 楽しい公園編
 かわはく 埼玉県立 川の博物館 攻略法

 日本最大級の最新型動物園

かわはく? とは?

 埼玉県寄居町の荒川沿いにある埼玉県立公園。入園は有料の比較的新しい公園・博物館だ。
 荒川の歴史から、川にまつわる人々の暮らしなどを楽しみながら学べる体験型博物館となっている。
 駐車場に車を止めて、入場口で駐車料金と、入園料を券売機で購入して、係員に手渡す。
 入場料は一般410円、学生証提示で200円、ただし、入園料は中学生までは無料なのでうれしい。
 この入園料だけで、博物館の展示も観覧できる。

人気の荒川わくわくランド

 かわはくでの一番人気は、やはりなんと言っても「荒川わくわくランド」だ。
 簡単に言うと「水上アスレスチック」になっており、舟遊び、浮き板で池を渡る遊具、スイスイアメンボなど18種類の遊びが楽しめるウォーターアスレチック施設。

 裸足やサンダルは不可です。
 ただし、水の上にある遊具が多いので、正直「濡れます」ので、着替えと、替え靴を用意して出かける必要性が有りますが、付近のトイレに100円が戻るコインロッカー多数有。
 濡れるつもりがなくても保護者も必ず濡れます。
 ※プールではないので、水着は不要で、泳ぐのは禁止です。
 土・日曜日、祝日、夏休み期間中は、混雑防止のために1回最大160名の1時間交代制となるので、先に券売機まで進んで券を購入しよう。
 対象は4歳以上で、利用料は高校生以上が210円、中学生までは100円。
 ちなみに小生は4月29日(祝)に訪れたが、毎回20名程度と、非常にすいてました。



博物館なので雨の日も大丈夫

 「荒川」をテーマにした総合博物館になっており、荒川の歴史・民俗・自然を、様々な視点で楽しみながら学ぶことができる。
 荒川全体を見渡すことのできる大模型や映像放送もあり、多彩なテーマの企画展示があり、鉄砲堰の実演なども見れる か。
 また、博物館内に大画面に連動して座席が動くバーチャル映画館「アドベンチャーシアター」があり、高校生から430円、中学生まで210円で観覧可能。

レストランもあるけどお弁当持参も良いところ

 園内にはレストランもあるが「お弁当」を持参しても全く問題ない。
 芝生広場でシートを広げても良いし、レストハウスの1階は無料休憩室(120名)になっているので、雨天時や寒い時などには、室内で持参したお弁当を食べる事もできる。

土日・GWや夏休みなどにはイベントも多数

 川を体験する教室やおまつり、親子で楽しめる工作などのイベントもある。100円で2個手作りできる缶バッチ作成や、無料でスタンプラリーして景品がもらえる「かわはく」クイズラリーなど多数。

駐車場

 有料駐車場はすいていれば第1駐車場が、入場に一番近い。第2・第3は普段は芝生エリアになっており、混雑時のみ駐車場になる。
 駐車料金は普通車300円。
 なお、すぐ近くの荒川河川敷にも環境維持費として300円を支払えば、車で河川敷に入る事ができ、バーベキューなどをしながら、子供の遊び場として「かわはく」を利用すると言う遊び方もできる。

 電車の場合は東武東上線の鉢形駅から徒歩20分。
▼バードショーの動画

▼大きな水車が出迎えてくれます

▼わくわくランドは楽しそうです




▼博物館の展示「高瀬舟」

▼更衣室も完備されてます


スポンサード リンク
スポンサード リンク
誠に恐れ入りますが、文章・写真などには著作権がありますので、無断使用などはご遠慮願います。画像使用は逆リンクで分かります。

子供と旅行だよ お得な旅行情報   関東周辺子供と日帰り温泉だよ   相模原公園王国