子供と旅行だよ
 初めてのレンタカー 始めてレンタカーを借りる情報

 子供と旅行だよをご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
 このページでは、元旅行会社勤務の小生が、日本国内で初めてレンタカーを借りる傾けのお得なコツ、クチコミ情報を掲載致します。


事前に予約する事をお勧め

 往復の交通機関が取れて、宿泊も予約が取れた時点で、レンタカーを予約すると良いです。先にレンタカーを予約してしまうと、特急券や航空券の予約が取れなかった場合や、宿泊予約が取れなかった場合、予定変更などが生じて、結局、レンタカーの配車・返却の予定も変更する事になってしまいますので、最後にレンタカーを予約したほうが無難です。
 当日、車に空きがあれば、予約なしでもレンタカーを借りる事ができますが、安い車種は予約済でない場合なども考えられますので、事前に予約したほうが良いです。
 最近のレンタカーはだいたいがインターネット予約も可能になっています。

持参する必須アイテムは 免許証 ・ クレジットカード ・ 携帯電話

 法律で車を運転する際には、運転免許証を携帯しなくてはならないと定められていますので「運転免許証」は必ず必要です。忘れてしまいますと、予約していても、レンタカーを借りることが100%できなくなります。
 例えば、ご夫婦などで両人が運転する場合は、運転する予定の人「全員」の運転免許証を提示する必要があります。レンタカー会社は免許証のコピーを取ります。免許証を提示しなかった人が運転すると、万が一の際などの保険(自動車保険など)が出なくなったりしますので、注意が必要です。
 なお、免許取得後1年未満の方が運転する場合、法律上、初心者マーク(若葉マーク)をレンタカーにつける必要があります。無料で貸し出ししてもらえる場合もありますが、在庫切れなんてことも考えられますので、初心者マークは持参したほうが無難です。
 また、レンタカーを借りる際に、ほとんどの場合、携帯電話の電話番号を聞かれます。

 レンタカーの料金は借りる際に支払う場合が多いです。その支払い方法は最近「クレジットカードのみ」と言う場合が多く、現金では支払いができない事が多くなって参りました。これはクレジットカードの所有者は、ある程度信用性や身元が明確であると判断できる為であり、借り逃げや損害発生時に費用をクレジットカードを通じて請求することが可能だと言う考え方からです。海外においては当たり前の事ですが、日本でもクレジットカードの価値が高まって参りました。簡単に申し上げますと、クレジットカードも持てないような方には貸せませんと言うことになるのです。
 なお、どうしてもクレジットカードは持っていなくて、現金でしか支払いができないと言う場合には、旅行会社でレンタカーを予約し、料金を旅行会社に支払いして、クーポン券をレンタカー会社に提出する方法が有効な現金払い方法です。

 出発前にはレンタカーの損傷箇所(ヘコミ・傷・バンパーなど)を、係員さんと一緒にチェックします。
 ただし、店員が見落としていた箇所があれば、細かい部分であっても、その時に指摘しておく必要があります。(特にドア下部・タイヤ周辺)。
 店員が契約書に記入した損傷箇所以外で、帰着後に損傷が確認されると、今回の借受人による損傷と判断され、事故扱いとなる場合があります。

レンタカーのETC

 最近のレンタカーにはETC装置がついている場合があります。オプションでETCをつけてもらえる場合もありますが、レンタカー会社によっては追加料金が必要になる場合もあります。
 ETC装置がついていれば、普段お使いのETCカードを持参して、レンタカーのETCにカードを差すことにより、レンタカーでもETCを利用できます。
 レンタカー返却の際に、カードの抜き忘れ、充分ご注意下さい。

空港付近の運転には細心の注意を

 レンタカーで事故を起こしたことはありませんが、小生の経験上、空港周辺、特に空港の周回道路で、大変危険な目にあったことが何度もあります。
 自分だけでなく、地元の方でも普段走らない、不慣れな空港周辺の道路ですので、ウインカーも出さずに突然曲がったり、急に止まったり、一時停止をしなかったり、ウインカーを出すのが遅い、曲がるのを辞めて直進する、後方確認せずに突然割り込んでくるなど、とにかく空港周辺の道路はキケンが一杯ですので、ご注意願います。

駐車違反

 借りているレンタカーで駐車違反を切られた場合、ただちに駐車違反確認標章に記載された警察署に出頭し、放置駐車違反者としての所定の手続きを行い、反則金の納付をする必要があります。
 これを怠ると、全国レンタカー協会に登録され、以後、最低7年間はレンタカーを借りる事ができなくなる場合があります。
 駐車違反にならないよう、まじめに有料駐車場に止めましょう。
 なお、交通事故を起こした場合は、ただちに被害者を救護し、110番、119番などで通報し、レンタカー会社にも連絡しましょう。車をぶつけたりして破損させた場合には、レンタカー会社へ連絡し、指示を仰ぎましょう。

レンタカー返却前にはガソリンを満タンに

 通常の場合、車両返却の際、燃料(ガソリン)を満タンにすることが求められることが多いです。満タン返しと呼びます。
 最近の大手レンタカー会社では、満タンにするガソリンスタンド(給油所)が決められている場合が多く、給油所の満タン証明印を持って返却する必要がある場合が多いです。
 ただし、長距離乗った場合、安いセルフスタンドである程度入れてから、指定のスタンドで満タンにすると言う方法にて、多少はガソリン代の節約ができると存じます。短距離の場合は、そんなに価格差は出ないと思いますので、そこまでする必要はないと存じますが・・。
 万が一、満タンを忘れますと、通常のガソリン価格より高く設定された調整金を走行キロから割り出して精算する必要があり、かえって高くなってしまいます。
 なお、ガソリン給油前に「ガソリンコックの開け方」と「ガソリン給油口がどこか(左右の確認)」を確認しておかないと、スタンドに入る際に困る場合がありますので、注意が必要です。

その他レンタカーについて

 普通免許で運転できる車は、定員10人乗りの車までです。
 チャイルドシートは、有料オプションでつけてもらうことが可能で、予約時に申し出る必要があります。
 カーナビやETC装置は最近標準装備される事が多くなりましたので、予約時に確認しておくと良いでしょう。
 雪国のレンタカーは冬季、スタッドレスタイヤになっています。
 氷点下になる夜間など、パーキングブレーキを引いて駐車すると、パーキングブレーキが凍って、戻らなくなる場合がありますので、雪国などで駐車する場合は、オートマのレンジを「P」にするだけで、パーキングブレーキは引かない方が良いです。
 荷物やレンタカー車内の物は、返却時までにまとめてから、返却すると良いです。結構、シートの下に忘れ物なんて事も多いので良く確認しましょう。

空港でレンタカーを借りる場合

 日本国内にある多くの空港では、空港の建物(到着ロビーなど)にレンタカーの受付カウンターがあります。ただし、この空港建物内のカウンターは、レンタカー貸し出し窓口ではない場合が多いです。
 大抵の場合、空港のレンタカーカウンターに申し出ると、空港付近にあるレンタカー営業所まで「無料送迎」を行ってくれます。
 利用する空港のフロアマップなどで空港建物のレンタカー窓口の場所を事前にインターネットで確認しておくと、当日、場所が分からないと困る事がありません。
 カウンターで申し出ると「送迎車が来たらお呼びします」と言われ、送迎車が来るのを数分程度待ちます。来たら、係員が案内してくれますので、送迎車に乗車し、レンタカー営業所まで送ってくれますので、その営業所にて貸し出しの手続きを行うことになります。
 空港の営業所にレンタカーを返却する場合は、返却すると、大抵の場合、今まで乗っていたレンタカーを係員さんが運転して、空港まで送迎してくれる事が多いですが、大きな空港のレンタカー営業所の場合、送迎車で空港まで送る方式の場合もあります。


 


子供と旅行だよ お得な旅行情報